新潟市西区の歯科・歯医者

義歯・入れ歯

義歯入れ歯とは?

虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。
入れ歯は保険治療ではプラスチックのものしか選ぶことは出来ません。プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。自費治療の入れ歯は、様々な材料があり、より快適で体に優しいものがあります。

下記で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧頂きご検討ください。


義歯・入れ歯のメニュー

保険 入れ歯(保険)

部分入れ歯

総入れ歯

プラスチック

保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという基本的な機能については変わりません。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価

ノンクラスプデンチャー(自費) ¥76,000~

ノンクラスプデンチャー(自費)

・金属クラスプが見えるのを好まない患者様
・金属アレルギー症の患者様の場合、樹脂のみの製作も可能(但し、耐久性・機能性には劣ります)
・設計は全ての局部床義歯に適用可能

全体 ・審美性に優れている。(クラスプが無いため、入れ歯と分かり難い)
・薬事承認されているため安心
・生体為害性が低い
・吸水性が低い
・簡単な修復がチェア-サイドでも可能
床:クリアピンクのみ
人工歯:硬質レジン歯 各色、モールド対応
形態 フレーム:シルバー系
材質 ポリエステル樹脂 または ポリカーボネート樹脂・コバルトクロム・チタン

スタンダードタイプ(自費)

部分入れ歯

総入れ歯

超硬質コバルトクローム合金

永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこすことにより、プラスチック部分を自然な色に仕上げることもできます。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価

ハイグレードタイプ純チタン・チタン合金(自費)

部分入れ歯

総入れ歯

純チタン・チタン合金

チタンは体内に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価